化粧下地の前に日焼け止めを塗るのが基本

スキンケアやメイクをする際の順番を、正しく理解していない人は割と見かけられます。紫外線ダメージを防ぐために頻繁に利用されている日焼け止めですが、これにもおすすめの順番が決まっていますので、間違えないようにしましょう。
メイクの前にスキンケア化粧品で肌を整えますが、メイクの段階では化粧下地を最初に塗るのが一般的です。しかし、紫外線を防止するために日焼け止めを塗るのであれば、化粧下地の前に丁寧に塗って完了させてください。
メイク用の化粧品にも紫外線防止作用のある成分が含まれるものが存在するものの、専用の商品に比べると予防する能力が弱めです。しっかりと紫外線ダメージから肌を守りたいのであれば、日焼け止めを事前に塗っておくのが基本の流れです。
塗るときにはムラにならないようにしてください。きちんと塗れていない場所があれば、そこに陽の光が当たって紫外線が侵入してきますから、せっかくの予防作用の力が発揮できなくなります。薄すぎても作用が低下しますので、ケチらずに適量を使うようにしましょう。
きちんと塗れたことを確認したなら、化粧下地をその上から塗っていきます。ファンデーションなどの他のメイク用の化粧品を長持ちさせるのに便利な機能を持っています。その次に使用するのは、コンシーラーやコントロールカラーです。シミやくすみなどの肌の色むらや、毛穴の開きを目立たせなくすることができます。
最後にファンデーションを塗れば、綺麗にメイクを仕上げられます。
関連